So-net無料ブログ作成
検索選択

20日の禁欲生活を終えて

久々の更新となります

つい先日20日の禁欲に成功したため、感じられた効果について書いていきたいと思います。

まずはじめに、私は続けることがとても苦手です。興味のあるものに取り組む姿勢はありますが、続くことは全くありません。

そんなわたしがなぜ禁欲生活をすることに至ったのかというと、インターネットのオナ禁効果を知ったからです。

読んだときは正直嘘だと思いました。ですが、わたしは子の20日間の生活を終えて効果を実感することができました。

今わたしは禁欲二日目とまた新たなスタートを切っている最中ですが、おなきんで得ることのできる効果を実感するためにただただ何もしないようにします。

わたしが効果を実感しだしたのは5日目あたりからでした。

肌の質感が明らかに違いましたね。脂ぎっていたときとは違い、しっとりとしたハリのある状態になります。男性ホルモンの影響かわかりませんが、人見知りが弱くなります。普段なら話しかけないような相手にも話しかけようと思うようになりました。中の良くないような友人とも楽しく話すこともできます。

その後も20日間までインターネットに書かれている記事の通りの効果がしっかりと得られます。

朝目覚めやすくなる(二日目あたりから普通に感じれます)
目が大きくなる(7日目あたりから)
女の子と話しやすくなる
艶のある髪質、(一週間くらいしてから)
自信がつく(訳のわからない自信がつきます。[新月]?日目のオレ最強みたいな)
胸がドキドキする(10日越えたくらいからかな、いろんなものに興味を持つようになりました。)
会話が好きになる。
男らしくなる(決断力?男らしい態度になる)。
顔つきが変わる(これは15日目あたりで感じました)
彼女が欲しくなくなる(わたしは必要だと感じなくなりました)
女の子側から話しかけられることが増える。(かといって何も感じないが)


総合的に見れば効果自体はランクアップしていきます。

わたしの実体験を通して感じたことはオナ禁効果にも「波」があるということです。

日をおうごとに効果が高まるというような記事が多く見受けられますが、わたしとしてはそれは正解でもあり間違いでもあると思います。

もちろんオナ猿状態から比べると明らかに効果はありますが、効果の薄い日もあれば非常に高まっていると感じられる日もあります。


そして一番感じたこと。

それは1日を精一杯頑張れるということです。

禁欲中は力が有り余っている状態が多いため、その力を存分に勉強や、趣味に使うことができます。

全力で集中した1日を過ごせば禁欲の誘惑が訪れる間も無くベットに入り、眠ることができます。

そして朝起きたときには「昨日もしっかり我慢できたな。[新月]?日目も頑張ろう。」と思うのです。

1日1日を噛み締めながら少しずつ、少しずつ進む時間を楽しみに思えます。

オナ猿状態では無気力で何もせずにあっという間に過ぎていった1日が禁欲をすることで

価値のある充実した毎日に変わります。

わたしは20日の禁欲生活を終えてそんなことを感じました。


また禁欲マラソンがしたいと思えました。

また更新します。ありがとうございました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。